サービス

社員適性診断

人材・組織診断ソフト  CUBIC  のご活用について



CUBICは、AGP行動科学分析研究所が過去数十年にわたり、組織活性化と人的資源の有効活用という点に着目し、研究を進め様々な手法等を開発してきましたが、そのノウハウをコンピュータのアプリケーションにしたものなのです!
CUBICを活用することにより
  1. 「採用計画」「人事計画」において、適性判断基準の位置付けの一つとすることができます。
  2. 採用する従業員の人物をある程度評価できるような判断材料の一つとすることができます。
  3. 従業員の能力に応じた育成・開発の方向性を見つけることが可能です。
  4. 診断データを蓄積・分析することにより、"会社が求め、必要とする人物像"を検討することができます。
CUBICの特徴
20分という短い時間の中で、被検者の潜在意識までをも正確に探ることが可能です。

  • 従来の訪問方式ではひとつの設問でひとつの因子を探っており、その結果、被検者に設問の意図がわかり、正確な回答を得ることが困難でありました。
    しかし、CUBICではひとつの設問で3~4つの因子を探るように設計されているため、設問数も従来の検査の1/4程度で済むようになり、正確かつ短時間で出来ることが可能になったのです。
採用適性診断
個人の資質や特性を「性格」「意欲」「社会性」「価値観」などの側面から評価します。
一般的な平均値と比較しながら、個人の特性や個性の全体像が具体的に把握できます。
また、多年度の受検者や新人社員の傾向を分析することで、年度別の特性比較や将来的に"社会が求め、必要とする人物像"を検討することが出来ます。
採用適性診断により、

社員適性診断
現有社員適性診断
職場における現実の行動面から、個人の適性や能力構造の特徴を客観的に分析します。
同時に「仕事に立ち向かう姿勢」や「組織だって仕事を進める能力」なども測定しますので、能力開発を効果的にすすめる補助データにもなります。
特有社員適性診断により、

社員適性診断
(2006年10月)